レンタルサーバー
上棟式にむけて。 enjoy life
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

「枠の内の記録」第4話です。

前回記事から約3ヶ月経ちますが、ようやく上棟にむけて建て方が始まりました。
通常では大きな家でも二日もあれば十分棟が上がりますが、この枠の内はそうはいかないようです。


一尺一寸角の大黒柱が小さく見えます。

IMG_0099.jpg


が、やっぱり大きいですw



綺麗に生漆が塗りかさねられた欅の材には晒しが巻かれ、

なにか神聖な感じです。


IMG_0095.jpg



携わってきたものたちの魂が宿っているかのようです。


ボルトや鎹などいっさいの金物を使わないで組み上げる枠の内。


思考回路が純粋すぎて、教科書に書いてあること以外のことには「NO」としか言わないお役所さんが、

確認申請を通してくれたことには拍手ですが、なかには脳みその柔らかい人もいたんでしょう。


IMG_0024.jpg



一本一本の部材が組まれ、栓をし、楔が打ち込まれるたびに

「ギシギシ」と大きな音をたてて締まっていく枠の内が組み上がる術を見ていると、




先人達の知恵や伝統の偉大さ。技術や経験による出来上がるものの違いを痛感します。



IMG_0136.jpg


娑婆は格差を無くし公平な、ようは誰が創っても同じものになるような仕組みを目指しているようですので、

こんな建築を見られる機会や、建てられる大工なんかもいなくなる方向に向かっているようです。


IMG_0179_20100612212456.jpg




この建築に少しですが携わることが出来たこと。

過程を見ることができたこと。

なにより、イイ歳の親父達の熱い話が聞けたことに感謝です。



IMG_0172.jpg



枠の内が組み上がりました。
上棟まであと少しです!


まぁ、しかしなんちゅう家や。。。


リビングらしいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

Comment


これが家なんですか?
は~!すごい!

こんなリビングでは
どんな会話になるのでしょうか?
ちょっと聞いてみたいね~^^

しかしイイお仕事されてますね~
こんな建築こそ
残していかなければならないものですね^^v
Re:姉さん
> これが家なんですか?
> は~!すごい!
ですね~^^;

> こんなリビングでは
> どんな会話になるのでしょうか?
> ちょっと聞いてみたいね~^^
っw!イイ趣味してるー;;

> しかしイイお仕事されてますね~
> こんな建築こそ
> 残していかなければならないものですね^^v
ですね^^
今からまたみにいってきま~す

伝統の建築ですね。
魂がこめられているという感じ分かります。
神聖な儀式なんですね。
金属を一切使わないというこだわりに、とても透徹な印象を受けました。
これからも存続してほしい技術ですよね。

すごい家ですね~!
ホームパーチーしたいね~
車も何台でも停めれそう~

こんな伝統のお仕事に関われてよかったですね~
神社とかお寺の大工さんでないと、なかなかこういう機会ってないんでしょうね
大阪にはこういう家ないやろうなぁ。。。

>sunnyさん
この地方に伝わる工法です。
本当に精魂つくして創り上げたって感じです。
継続していきたいものですね^^

>ゆこさん
車を止める心配はいりません^^
ホームパーティーッテカンジじゃなくで
宴会はチョコチョコやってるでしょうね^^
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。