レンタルサーバー
2008年05月 enjoy life
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

「・・・・」

大きなプラモデルのパーツが不気味に並んでいました。

L1000540.jpg

 ここは高岡市のある場所の「鋳物工場」です。高岡といえば昔から銅器やアルミ産業で栄えた町ですが、なかなか普段の生活では触れることができないので、今日を楽しみにしていました。

いくつもの行程を歴て銅器や仏像を作っていましたが、第一段階です。 
この型をに細かい砂が入った型枠の中に押し込んで・・

L1000538.jpg


 真鍮や鉄を溶かして流し込んで固まった後砂を崩すと成型されているというわけです。原理は分かっていましたが実際に見るとまた違った感覚になれるものです。
 身近なところですと、フックやドアのハンドルなんかもこのように作りますね。

 @の工程は撮影禁止でした。(怒られました^^)溶接や研磨、メッキなどを歴て製品になります。





「炉縁」のあとタイムリーに「茶釜」の登場です。

L1000519.jpg
TITLEー茶釜beforeー

場所は移ってここは、染め物工場です。(染め物といっても布を染めるのじゃなく鉄や真鍮を染めています)



「何塗ってるんですか??」
「お歯黒だよ」
「おはぐろ??」
「お歯黒だよ!」

L1000532.jpg


 職人に聞いてもラチがあきません^^;
 調べてみました。やっぱり古くからある「歯」を黒くしていたそれみたいです。「米酢」 「鉄粉」「タンニン」を混ぜ数日寝かせると化学反応を起こし黒くなるそうです!どうも酸と鉄分、タンニンに関係がありそうです。
 昔の女性は、「お歯黒するの酸っぱいからイヤヤァ~~」といっていたに違いありません!
 他には漆や砥の粉などお馴染みの昔からある材料を使って巧みに色をつけていました。考えるだけで楽しくなってきます^^我が社の秘密兵器!?木酢酸鉄液のあの変化も何となく謎が解けたような気が!!
 タンニンといえば柿渋。昔の人は手に入る素材を巧く工夫して使っていたんだと再認識しました。



 藁グシを使ってお歯黒!を塗り火で炙る!!を繰り返していました。

L1000533.jpg
- 新品の茶釜-

 この染物屋さんの先代は骨董品の模造品を作ったとして逮捕されそうになったそうです^^;高岡にはこんな技術があったんですね!

L1000529.jpg
-TITLE これも新品-

 見ているより実際にやりたくなったのは言うまでもありませんが、時間切れ・・・・わくわくする時間とお別れして現実の時間へ戻ってきました。


 お土産~!
L1000551.jpg
奥方を呼ぶための鈴




「チリ~~ン」


「・・・・」






「チリ~~ン」


「ワン!」



イイ響き^^
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

先日、友達の結婚式に行ってまいりました!
ウェルカムボードの製作を頼まれていたのですが、
新婦からの要望は・・・

式の後でも家で使える物がぃぃ。との事。
終わったらクローゼットの中にお蔵入りするのが嫌なのだとか。

とゆー事で考えました!
ちょっとお金かけました!



制作協力会社 看板工房イストさん☆ 金額●万円

大、中、小、のアクリルのBOXを対角に積み重ね、
文字をタイポグラフィーちっくに配置。
あえて白のカッティングシートを使いました。
写真も新婦の写真の面、
新郎の写真の面、
二人の写真の面、を作りました。
これらは透明シートにインクジェット出力+艶消しラミネート貼り。
白い文字が浮き出てくるように、100均の造花を使って少々アレンジしました。

※ここで艶有りラミと艶消しラミと迷いました。
艶有りだと、もうちょっと透明感が増すのですが、
透明過ぎると写真が見にくくなるので今回は艶消しラミで。

welcome2.jpg

大の中に全部の箱を入れると、文字と写真のレイヤーとして浮き出てくるので
それもまたぃぃ感じです。
でもそのカタチでの写真は撮り忘れました。。。

このBOX型なら小物入れとして使ってもらえるかなと思いまして。

かなり評判良かったです!!!
新郎新婦。ご家族の方々。友達。
式場のスタッフの方々からもかなりウケが良かったです。

制作に協力してくださったイストさん!
ありがとぉございます(≧▽≦)☆
仕上りもパーフェクトでした!
あとできれば、もうちょっとお安く 半額にしていだだけたら 助かります(≧▽≦)☆


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

 「炉縁の値札作ってくれ!」

 「ろぶち?つくったん??」
 

 炉縁とはお茶室にある畳の一部を切り取って床下に埋め込まれた小さい囲炉裏に掛ける木の枠のことです。

L1000401.jpg
- 高畑木工 made it -

 炉縁の寸法は、1尺4寸四方、高さ2寸2分5厘、天端1寸2分5厘、面取2分5厘とほとんど決まっています。(掛け替えて使うらしいです)
 流派がちがっても寸法は同じらしいです。世の中「VHF」と「ベータ」!「ウインドウズ」と「マック」!の様な事ばかりですが、茶道の世界はグゥ~~ですネ^^(私はもちろん「ベータ」「マック」派です!!)



L1000405.jpg

 これは黒柿の炉縁です。孔雀杢といわれる斑点のような木目がでています。かなり貴重品です。




 いろいろな炉縁をお客さんや季節、気分によって掛け替えてお茶を入れるような生活!!



 「・・・・」



 チョット想像できませんでした^^;









炉縁

派手やったかな・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!


 最近は室内で工作の写真ばかり撮っていたので、D-LUX3の実力を試しに外へ出てみました。新しいカメラを手に入れると昔から花の写真を撮りたくなります。雨上がりで少し光が足らなかったのは残念ですが、テーマは「yellow」で!?




L1000467.jpg

チョットピントがズレまじたが、蕾が開くのが楽しみになりました。




L1000462.jpg


一眼レフと比べるとなかなか言うことを聞いてくれません・・・




L1000082.jpg

ん~面白い咲き方をしてたんですが・・・撮り方のセンスが足らなかったです。





L1000449.jpg

これは、綺麗かな!?




 多分、かなり気の利いた絵が撮れそうです。普通のデジカメに比べると断然レンズは明るいです。
 ・・・・今カメラを見ていつと、AFと接写モードとマニュアルモードらしき切り替えレバーが付いているでは・・・・ま、今度の楽しみで^^


 しかし、黄色もイロイロありますね!CMYKで表せるのでしょうか??


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

昨日のケンポ梨の端材を見ていて「ピン!」ときましたっw

綺麗に仕上げて「オスモオイル」を塗って~~

L1000429_20080525163315.jpg






本棚に並べてみました^^

L1000488.jpg


自己満足~~^^b



ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

 「やるぞ~!」

 今日は朝から材料加工と決めていました!
 10年ぐらい前から少しずつ買い続けてきた丸太が自然乾燥を終えて製品になるのを待っているのは分かっていましたが、なかなか行動に移せずやっと動き始めました。製材した荒木の状態からいつでも使える状態にしておきます^^
 一般にカウンターやテーブルなどの家具として使用する材は、象牙木と呼ばれる堅い木が好まれます。そのため辺材と心材では収縮率が異なり「反り」や「ねじれ」がよく起こります。そのため幅広の無垢材は管理が難しく製品になるまで時間も必要とされます。厚さ60ミリ程度の堅木ですと最低3~5年は乾燥にかかります。

L1000407_20080525171003.jpg


↑は製材から約5年経過した水楢です。製材機に乗せたところですが、すごく反っているのが分かりますね・・・材料によって「おとなしい木」、「くせのある木」色々ですがこいつはややくせがある方でしょうか。購入時の見極めは大変重要です^^;
 
L1000410.jpg
ー楢材ー2400×670×80

 これだけの反りがあると真っ直ぐにす削るのは大変なので製材所に再度持ち込んで面を真っ直ぐに荒取りしてもらいます。削る手間が大幅に短縮できます^^

 今日は4種類の木をけずりました。

L1000415.jpg

ー左 ウォールナット 2000×420×42 ーTVボード/下駄箱天板などに
ー右 ケンポ梨 2700×600×64 ーカウンターなどに

(ウォールナットはここ数年大人気ですね!この手の色の杢ってあんまりないですからね!ケンポ梨はほとんど流通していません。業界人でも知る人は少ないでしょう)



L1000424.jpg

ー左 ソ連タモ 2000×520×62 ーTVボード/下駄箱天板などに
ー右 水楢 2100×650×65 ーカウンターなどに

(ナラ・タモは一般的で流通量も多い材料ですが、ナラ材はこれからは入手しにくくなります。)


L1000417.jpg


 なかなかお目にかかる機会の少ない「ケンポ梨」ですが、なんと少しチヂミ杢がでました^^ラッキ~~ですw
 塗装を施すときらきらと光って綺麗にみえます。





これから毎週削るぞ~~!!











その後、オヤジが合流して製材職人とヒソヒソ・・・・

L1000384.jpg


10mを超えるケヤキの直材です・・・・・最初のオビノコを入れる角度でこの木の価値がかなり違ってきます^^;真剣です!

L1000394.jpg


一つの節も出ませんでした^^b

L1000396.jpg


住宅の梁にするそうです・・・・どんな家やぁ~~!!



ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

「TAKAsブランド変更するからお店顔出して~」

「看板取り替えですね~OKです!」

 数年前にOPENした「D CARAT」さんへ仕事で行ってきました。平和町にある時計・ジュエリーを扱うSHOPです!

 このお店がOPENするまでは時計にはそれほど興味がなかったんですが・・・ここへ行くとお店のデザインがイイのか・・・ワクワクします^^;
 今でもROREXには全く興味がありませんが(似合わないのは分かってます)ココにはストライクな代物が揃ってます!「Paul Picot」や「Tutima」なかでもお気に入りは「sinn」です!

L1000351.jpg





打ち合わせもそこそこにお店を見渡すとひときわ輝く1本が!

「こんなのありました??」

「ああ、それネ^^6100シリーズの新商品で~レギュレータータイプ!!ウフフ^^」

「この平面的な・・・感じがたまらなく・・・」

「ぅん!?持って帰る??ムーブメントが○△□で、このSZ04の刻印が×○□で~~」

「持って帰りません!!」

ドイツ軍パイロットのだったヘルムート・ジンが時計を作り始めて自らの名前をブランドにしたそうです^^それにしても、ANDUTIさんは時計につて話し出すと止まりませんw

L1000354.jpg
-sinn- model 6100

毎日がこんな打ち合わせだったら幸せですね!?





L1000370.jpg


ネイルもやっています^^ワンクリック!→D CARAT


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

「今日の最高気温は26°!夏日となります」
めざましテレビの皆籐 愛子cは金沢の気温まで言ってはくれませんが、今日は暑かったですね。

L1000047.jpg


家の前の「セージ」は気持ちよさそうに太陽を浴びていましたが、今年初めて汗がにじんできました。時計のベルトは革がお気に入りですが、暑くなるとどうも合いません^^;

日付が「1日」で止まっていた昔のお気に入りを付けてみると新鮮な気分^^夏場はブレスタイプを付ける機会が増えそうです。(時計ネタは次の機会で)

L1000350.jpg
-sinn- 163/250





そう!!革と言えば・・・・新作が!!

こいつにはシーズンは関係ありません^^

L1000346.jpg
designed and it made it -taka-.

革も種類が多くて、奥が深そうです。糸の種類も多く道具やWAX・パーツなど考えるだけでワクワクしてきます^^
構想期間1年!ココまでが長かったですが、やっと1歩進みました!!ARIRA先生指導の元、製作時間約1時間。スタートとしては大満足^^課題やイメージが膨らみ次回作は大作になりそうな予感・・・・?



ハーブと時計と・・・・チョット無理矢理な「革ネタ」・・・・でした^^;


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

珈琲を飲みたいと思って、ワタヤ自動車さんへ行ってきました。

「・・・・・」

タイミングが悪く知り合いの営業マンがいなく・・・帰ろうと思いましたが、タイミングよく受付嬢がイイ笑顔で^^

「TAKAさん、パンフレット評判イイですよ~」
「あぁ、忘れてたw」

L1000331.jpg
Title-逆光なのが残念ですが- by D-LUX3


珈琲を入れてくれる雰囲気もなく・・・車について雑談^^;
「新型C30」は好調だとか!?
買えませんがイイ車です^^b

L1000330.jpg


内装もC30用にデザインされていれば・・・・




DESIGN by A.C.F
Desktop_7.gif


パンフレットの結構評判はイイんですが、なかなか・・・マァそんなもんでしょうが^^;

見開き8ページで4物件!興味のある方はコメントで!!・・・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

 前に作ったストラップがどうも「しっくり」こなくて気持ちが悪くイロイロ考えて試作してみましたが・・・・結局「タダの棒」に落ち着きました。
 太さを9ミリ角から7.5ミリ角にしただけなんですが、見てくれスッキリ!気持ちも落ち着きました^^b

L1000318.jpg
-桜と黒檀のスティック-  60×7.5×7.5

 適当にある材料を削って改めて見てみると、「木」っていろいろな表情をしていて楽しい気持ちにさせてくれます。材種によっていろんな特性があるのはもちろん、同じ材種でも産地や土壌、条件によって1本づつ違う表情になります。7.5ミリ角の小さなものですが、何かを主張しているような「パワー」を感じます。(少し大袈裟ですね^^;)

L1000314.jpg
左から「水目桜」「神代杉」「楓」「水楢」「チーク」「黒檀」「欅」





 職人の血が騒ぐのでしょうか!?最近、チョット本格的になってきました。おかげて生傷が絶えません。直ったと思ったら、また・・・・毎週日曜日は流血しています^^;

L1000298.jpg
-桜と楢のお香立て- 90×60×12

 スティックタイプとコーンタイプ両方使える「お香立て」を作ってみました。桜はやっぱり優しい色ですね~少し小さかったですが、大満足です^^b



L1000280.jpg


爽やかな風に当たりながら、木と遊んでイイ気分^^となればアルコールが欲しくなりますね~明るいうちからチビチビ^^今日のお供は麦焼酎「なかなか」キリっとなかなか美味しいお酒でした。

L1000305.jpg


そろそろブランド名考えよぉ~!?


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。