レンタルサーバー
2008年02月 enjoy life
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

0010.jpg

昼休みに、珈琲を飲みながら

いつものように、なんとなく

http://www.apple.com/jp/ 

をクリック・・・







0011.jpg


気になるフレーズが目に入り・・・








0012.jpg


ためらいはしたけれど・・・・





0013.jpg


アップルストアで購入してたこを思い出して・・・






  ピクチャ 1




30分ほどで、Leopard!!






やっぱり、まだ早かった・・・・・・・






スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

     0007.jpg

週末のまとまった雪で一瞬にして雪景色^^;
これぐらいふらないと冬らしくないかもですね^^チョット筋肉痛のまま、今日は花の都へ出張!

0008.jpg

電車で移動すると、風景や家の造りがみられるのでイイ。例えば家の屋根を見ているだけども飽きないです^^

北陸の家はほとんどか「黒」!!瓦屋根がおおいですね。どうして、太陽光を集める黒にしたんでしょうか?(素朴な疑問)
で、直江津ぐらいから、エンジや青など色が鮮やかになってきて、同時に瓦じゃなくて「トタン」が増えてきます。やっぱり積雪の関係でしょうか?五箇山や白川郷の合掌造りも「茅葺き」の管理ができないところは、「トタン」に切り替えてますね。あれも妙な感じですが、しょうがないかも^^;
十日町から湯沢辺りは、またおもしろい!!
屋根勾配は、通常三寸五分~四寸勾配の「切妻」「寄せ棟」「入母屋」ですが、片方が二寸もう片方が”九寸五分”もあろうかと思える「変則切妻」!!もう屋根じゃなくて壁ですね^^;トタンがなかった時代はどうしてたんでしょうか?建物の形は、その場所の「風土」や「習慣」によるところが大きいでしょうから、何か理由があるはずですが、想像がつきません。
ってなことをかん考えてると、トンネルを抜けてそこは、悔しいくらいの”青い空”
東京駅から銀座へ・・・・屋根は・・・^^;

東京で、「スピード」を感じて金沢に^^;

0009.jpg

やっぱり、ココがイイかもです^^b



ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

最近コンビニの「ピカァーーー」っと明るい光はきつくなりましたーー

0005.jpg
(こんな空間でゆっくり食事したいものです^^PH SNOWBALL design by Poul Henningsen)

平日のプライベートな時間は、働いている人には限られます。人それぞれ時間の使い方は違うと思いますが、私は寝るまでの数時間を、 シェイドランプの光で「ボーーっと」過ごしています。夜ゆっくり過ごすには、蛍光灯の白い光は必要ないような気がしてきました。柔らかい電球の光は、脳みその動きをゆっくりとさせてくれます。

最近購入した「シェイドランプ」はお気に入り^^横からの光って新鮮でなんかイイ^^部屋の隅々まで照らす天井の蛍光灯と違って見えてほしくない場所が暗いのもイイ^^b

考えてみれば、昔は行灯やローソクしかなかったはず^^時代が違うからしょうがないですが、日本はチョット違う方向へすすんできたような気がします。私も、ホテルに泊まると卓上のシェイドランプと最小限のダウンライトだけでは暗く感じていましたが、それがシーンにあった照明ということなんでしょうか^^欧米には天井に照明がない家が当たり前のようにあるらしいです^^;家族で壁のペンキを塗ったり、ファブリックでシェードを作ったりパネルにして壁に掛けたり・・・何となく日本人より生活を楽しんでいるような気がします。




生活のシーンや空間にあわせた明かりって大切ですね^^

0006.jpg
(IQ-light -デンマークデザイン賞-組み立て式で何種類かの形を選べます)



ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

    0004.jpg



「バリバリ・・・バリバリ。。。」

外に出ると、凍結・・・やっぱり、まだ2月。春の陽気は続きませんね。こんな寒い夜はバーボンでも飲みながら暖炉にあたって読書!!に憧れます^^;
暖炉や薪ストーブはチョット現実的じゃないところもありますが、暖房方法は「輻射熱」がやっぱりイイですね^^。蓄熱式暖房や床暖房、パネルヒーターなどいろいろな方法がありますが、今は深夜電力を使って一日中温かく生活できる環境をいろんな方法で選べます。朝起きて、トイレに行くときに底冷えしていない。お風呂からあがっても、寒さを感じない家ってイイと思いませんか?一度経験すると、エアコンとファンヒーターの生活には戻れなくなるかもです;;
私は建具職人の家に生まれ育ちました。寒くなると大きな薪ストーブに焚き物を込めて一服するのが当たり前だったので「火」は身近なものかもしれません^^この歳になると”ゆらゆら”と揺れる火を見ているだけで何となく癒されます^^やっぱり、原始的な方法や自然のものって偉大ですよね♪

寒さや暖かさを感じられることも幸せなのかも^^




ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

      0003.jpg



みなさん3連休?はどのようにお過ごしでしたでしょうか?
昨日は、3月中旬並の気候だったようです。梅の木の「つぼみ」も正直に色づいていました^^咲く前のこの楚々とした感じもイイですね^^

私どもの業界は、商業施設改装の部門が慌ただしく動いております^^;
年末年始には、飲食店も物販店も改装/新装する方はおられませんので、この時期から一気に物件が発生します。百貨店などの商業施設で「パーゲン」が終わった頃から、改装が始まります。

百貨店のお店創りに携わってもう15年の月日が経過しました^^;この間にお店の雰囲気や色もかなり変わりました。一般に不景気の時は「モノトーンが流行る」といわれてますが、まさしくお店も「白と黒・シルバー」のお店ばかりでした。ファッションも黒を中心とした渋系でしたね。ところが、ここ数年お店にもいろんな色を使うようになり、みんな一緒ではなくて、個性や主張が出てきたように思われます^^
住宅では、「淡い木目」から「濃い茶系」が多く使われるようになってきましたね^^濃い色は落ち着いた印象や、高級感を感じられます。まだまだ実感は出来ませんが、色では「少しづつ景気も上向いてきてる」かもですね^^

「つぼみ」で季節を感じられて得した気分^^



ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

みなさまこちらでは初めまして^^
なんとなく、ガラにもなく緊張してます。何を書こうか迷いましたが、初日記は、自作愛用家具の紹介~~


vol.1 □チェスト□
くり材/オイル仕上げ

0002.jpg


前の事務所で5年ぐらい使っていたテーブルの天板を加工し直して再生しました^^b
初めて材木市場に行ったときに買った思いでのある材料です^^
無垢材は、こんな事も出来るって言うのも楽しみの一つですね^^
横手に見える黒い斑点は虫に食べられた跡です^^;

0001.jpg


虫もよく知っていて、栗や桜のようなあまい実をつける木によく入ります。通常だと商品価値がない材料ですが、見方を変えればこれも味^^b
中国の農薬問題とは無縁の話・・・・・ 勿論全て無垢材で、クギや木ねじは使っていません^^b 無垢材は、素材の持つ風合いを出すために、ニスやオイルステインを使わずに植物オイルで仕上げるのがBESTだと思います^^
使っていくうちに、キズや汚れがつきますが無垢材の家具はそれが「味」になります。たまぁ~~にオイルを塗ってやれば、また違う表情を見せてくれる、愛着のあるチェストです^^
今はガラクタ入れですが、ダイニングテーブルの脇に置いたりベット脇にでもイイかもです^^
生活のシーンにあわせて家具をデザインするって「enjoy life~」


材料代;10,000円 製作2日 親父の工場で^^さぁ~次はなにつくろぉ~~


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ ポチ! ↑ ポチ!

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。